熊本店

住宅塗装工事における現地調査(現調)が必要な理由とは?

 

「現調」とは、「現場調査(現地調査)」の省略語で、塗装工事を含む様々な業種で広く利用されています。現場調査とは、建物の状態を把握し、正確な見積書を作成するための重要なステップです。今回は、塗装工事における現地調査の必要性について説明いたします。

 

現地調査の必要性

現地調査は、建物の劣化状況や形状を把握し、お客様に最適な補修方法を提案するために欠かせません。調査を行わずに見積書を作成すると、近くで確認しなければ判らない不具合が見逃され、工事中に発覚した場合は追加費用が発生する可能性があります。トラブルを未然に防ぐためにも、現地調査での事前確認が非常に重要です。

 

現地調査では、以下のような事項を確認します

屋根の劣化状況

外壁の状態

塗る面積

下地素材の確認

付帯部の種類

 

現地調査で特に重要な確認箇所は以下の通りです:

チョーキング現象の有無(外壁・付帯部)

塗膜の剥離、浮き(屋根・外壁・付帯部)

外壁・帯の反り、浮き(外壁・付帯部)

コーキングの劣化(外壁)

外壁のコケや藻の繁殖(屋根・外壁)

鉄部のサビ、腐食(付帯部)

軒天の雨染み、水漏れ(付帯部)

 

建物の状態は、方角によって異なる劣化症状や破損が見られます。例えば、南面や西面は日差しを受けやすく、紫外線による経年劣化が多いのに対し、北面は日が当たりにくいため藻やカビ、コケが多く見られます。これらの状態を確認することで、最適な補修方法を提案できます。

また、周辺環境も考慮し、用途に応じた塗料や素材を選びます。実際に現場を目視することで、工事がスムーズに進められるかどうかも確認します。調査時間は通常30分から60分で、迅速に行われます。

 

現地調査をしっかり行うことで、以下のメリットがあります:

・正確な見積もりの提供:現場でしか確認できない劣化状況や既存素材の状態を把握することで、追加費用の発生を防ぎます。

・適切な材料選び:調査を通じて提案できる塗料の種類が増え、よりお客様の要望に沿ったプランを作成できます。

・スムーズな施工:事前に問題箇所を把握し、必要な材料や工法を準備することで、施工がスムーズに進みます。

 

まとめ

現地調査は、塗装工事を正確かつスムーズに進めるための基礎となる重要なプロセスです。専門知識を持ったプロがしっかりと調査を行うことで、建物の状態に最適な補修方法や塗料を提案でき、お客様のご要望に応じた高品質な施工が可能になります。現地調査の重要性を理解し、信頼できる業者に依頼することで、大切な住まいを長く美しく保つことができます。