熊本店

外壁の塗り替えをするタイミングは、オシャレな外観にリフォームするチャンス

 

家をオシャレなデザインにするためには、果たして何をどのようにしたら良いのか分からない。そのような方も多いのではないでしょうか?

塗り替えタイミングのスパンは長いため、前回の塗装から流行りが変わっている事もあります。好みの色やデザインは人それぞれですが、同じ色を使っていても、少しの工夫で見た目の印象を大きく変えることができます。

今回は、外壁塗装で住宅をオシャレに変身させるための色選びと組み合わせについてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

【色使いのバリエーション】

色使いの方法には、ツートンデザイン、アクセントを組み込む、ワンポイントを付ける、メリハリ使いなど、さまざまなスタイルがあります。

 

[ツートンカラーの活用法]

ツートンカラーとは、家の上下や縦の方向で異なる色を使用する方法です。

色の比率は6:4、もしくは7:3がバランス良く見えます。

基本的には、下部を濃い色にすると落ち着いた印象になります。

同色系の組み合わせは相性が良く、失敗が少ないです。

色がうまくまとまらない場合には、色の間にセパレーションカラーを加えると、違和感が少なくなります。

 

[メリハリをつける方法]

1色だけの塗装では物足りないと感じるときには、メリハリをつけることで家のセンスがアップします。

ベランダや出窓などの外観の凹凸を利用して、濃い色で塗装することで、引き締まったおしゃれな外観に仕上がります。

 

[ワンポイントやアクセントの取り入れ方]

家にもワンポイントやアクセントを加える方法があります。

例えば、窓枠や玄関扉、門柱などに濃い色を使う方法です。

シンプルな色の外壁に対して、幕板や破風板などに濃い色を塗ると、アクセント効いたデザインになります。

 

【まとめ】

いくつかのデザインパターンを紹介しましたが、注意点もあります。それは、やり過ぎてしまう事です。やり過ぎてしまう事が逆効果になってしまいます。オシャレに見せるためには、配色やパターンのバランスを保つことが重要です。せっかくの塗り替えをチャンスと捉えておしゃれなデザインを目指してください。