熊本店

外壁塗装でよくあるトラブルとその対策:安心して塗装工事をするためのガイド

 

外壁塗装工事ではトラブルが多いと言われるリフォームの一つなのはご存じでしょうか?

そんな外壁塗装を行う際に、どの様なクレームが起こるのか?と気になって調べている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

大切なお住まいの外壁塗装の前に、事前に情報収集し、クレームを避けたい方もいらっしゃると思います。

そこでこの記事では、外壁塗装で起こりやすいトラブル事例をまとめました。

 

 

≪外壁塗装のトラブル事例と対策≫

外壁塗装の工事中や工事後に発生しやすいトラブルと、その対策について具体的に見ていきましょう。

 

  1. 塗装の剥がれ

■原因と対策

塗装の剥がれは、下地処理の不備や使用する塗料の選定ミスが原因です。下地処理を丁寧に行い、適切な塗料を使用することで防ぐことができます。

 

□対処法

事前に業者に下地処理の方法や使用する塗料の特性を確認し、適切な施工を依頼しましょう。また、工事後の保証についても確認しておくことが重要です。

 

  1. 色ムラ

■原因と対策

色ムラは、塗装作業の不均一や塗料の希釈ミスが原因で発生します。熟練した職人による丁寧な作業が求められます。

 

□対処法

信頼できる業者を選び、施工実績を確認することが重要です。工事中に何度か確認し、仕上がりに問題がないかチェックしましょう。

 

  1. 工期の遅れ

■原因と対策

天候の影響や人手不足で工期が遅れることがあります。これにより、生活に支障が出ることも少なくありません。

 

□対処法

契約時に工期の遅延についての取り決めを行い、遅延が発生した場合の対応策を確認しておきましょう。柔軟に対応できるよう、予備日を設定することも有効です。

 

 

≪外壁塗装の満足度を高めるために≫

外壁塗装の満足度を高めるためには、事前の準備と工事中の確認が重要です。トラブルを未然に防ぎ、理想的な仕上がりを実現するために、以下のポイントを押さえておきましょう。

 

  1. 事前の打ち合わせを丁寧に行う

工事前にしっかりと打ち合わせを行い、仕上がりのイメージや注意点を共有することで、トラブルを未然に防ぐことができます。

 

  1. 施工中の進捗確認を怠らない

工事が進む中で何度か確認を行い、不明点や気になる点があればすぐに相談することが大切です。

 

  1. 工事後のフォローアップ

工事後も定期的に外壁の状態をチェックし、問題があれば早期に対応することで、長く美しい外観を保つことができます。

 

 

いかがでしたか?まず、これらのポイントをしっかりと押さえて、外壁塗装の基礎知識を身につけることも重要です。基礎知識があれば、適切な業者の選び方や作業内容が理解でき、何を伝えるべきか、何が避けられないことかが明確になります。適切な対応をしてもらうためには、基本的な知識を持つことが安心につながります。